低価格でも安心会社設立開業!港区青山表参道原宿赤坂での起業・創業・会社設立・税理士

お問い合わせ無料相談はこちら

創業ブログ

会社設立(創業)と印鑑

2015.10.17 | 港区での創業サポート事務局

みなさん、こんにちは!
港区青山の創業サポートセンターです。

会社を設立して創業をする際に、「会社の印鑑」を作成します。
今後、会社として取引するためには今まで使っていた個人の印鑑ではなく、会社の印鑑を使って取引します。

会社の印鑑も個人の印鑑と同じように、「印鑑登録した実印」、「銀行印」、「認印」があります。
なお、実印は、滅多に使いません。不動産の取引や登記の時など、重要な場面でのみ使いますので、普段は、金庫で厳重に保管されていることがほとんどです。

これから創業して会社を設立しようとするときは、印鑑登録(印鑑届出といいます)が必須になります。
この印鑑の登録先(届出先)は、法務局です。
少なくとも、会社設立(創業)の時には、印鑑登録用の印鑑を作っておく必要があります。

また、会社設立手続き(創業手続き)には、個人の「実印」も必要になります。
個人の印鑑の登録先は、住民票上の住所地の市区町村です。

会社設立(創業)や法人成りをお考えの方は、個人の印鑑登録をしておくことをお勧めします。

個人の印鑑登録は、お客様ご自身に行っていただく必要がありますが、会社の印鑑の発注や登録に関しては、当センターにて代行することも可能です。

ページの先頭へ戻る